ただ、それだけでよかったんです 感想 電撃文庫 松村涼哉:著

スポンサーリンク

本日は、昨日の記事でお伝えした通り『ただ、それだけでよかったんです』の感想を書いていこうと思います。

【内容】

第22回電撃小説大賞<大賞>受賞作!
壊れてしまったこの教室で、一人ぼっちの革命がはじまる――
頂点に輝いた空前の衝撃作!!

ある中学校で一人の男子生徒Kが自殺した。『菅原拓は悪魔です。誰も彼の言葉を信じてはいけない』という遺書を残して――。
自殺の背景には”悪魔のような中学生”菅原拓による、Kを含めた4人の生徒への壮絶なイジメがあったという。だが、Kは人気者の天才少年で、菅原拓はスクールカースト最下層の地味な生徒。そして、イジメの目撃者が誰一人としていなかったこと。彼らの接触の証拠も一切なかったことなど、多くの謎が残された。なぜ、天才少年Kは自殺しなければならなかったのか。
「革命は進む。どうか嘲笑して見てほしい。情けなくてちっぽけな僕の革命の物語を――」
悪魔と呼ばれた少年・菅原拓がその物語を語り始めるとき、そこには誰も予想できなかった、驚愕の真実が浮かび上がる――。
圧倒的な衝撃、逃れられない感動。読む人全てを震わせ4,580作品の頂点に輝いた衝撃作。

アマゾンより引用

【感想】

一言でいえば、無茶苦茶面白かったです。

久しぶりに当たり引きました。何日かに分けて読もうと思っていたのですが、一気に読み終えてしまいましたわ。
電撃大賞受賞作というふれ込みだったのですが、僕はちょっと身構えてました。
どうしてかっていうと、ここ何年かの電撃の入賞作は、微妙なのが多かったから(´д`、)
でも、これは例外中の例外です。
面白かったです。

とある中学校で、男子生徒がイジメを苦に首吊り自殺をします。
イジメの主犯とされた男子生徒の名は菅原拓。

奇妙なことに自殺した岸谷昌也は、成績は学年トップ、スポーツ万能、爽やかイケメンと非の打ちどころのない完璧超人。まさに超絶リア充。スクールカーストのトップにいる男。
反対にイジメの主犯とされた菅原拓は、根暗、クラスに友達ゼロ、図書室で借りたライトノベルを一人で読んでいるような子。岸谷とは逆に、クラスの最底辺にいるような生徒だった。

一体、どうやって菅原拓は、岸谷を追い詰めていったのか?

物語は最初、岸谷の姉の香苗の独白から始まります。

――まさか昌也が亡くなるなんて――

弟を死に追いやった真相を明らかにしようとする香苗。物語はこのあと、香苗と拓の二人の視点を交互に変えながら進行していきます。

上手いなと思ったのが、香苗の視点が岸谷死亡なのに対して、拓の視点が岸谷死亡以前からなんですよね。
二つの視点を交互に使うことによって、過去と現在の二つの観点から、事件が立体的に描写されていくんですよね。
マクガフィンの使い方もうまい。
人間力テスト、パソコンに残された『盗聴 防止』の検索履歴。
読者にこれなんだろう?という興味を与えて、逃がさない。また、ヒントを出すタイミングも秀逸。

岸谷の彼女の石川琴海、香苗の友人の紗世、拓のチャット仲間のソーさん。

様々な人々を巻き込んで、事件は意外な結末をむかえます。

衝撃の真相は是非、ご自身で見てみてください。

評価:★★★★☆

336*280レクタングル大
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする