あさひなぐ22巻 ネタバレ感想 河丸摂が登場します

スポンサーリンク

映画版「あさひなぐ」の特報映像

前巻までのお話

団体戦でインターハイ出場を勝ち取った二ツ坂。
真春の負傷という懸念材料はありますが、
取りあえずは一息と言った感じです。

次は関東大会。

真春が欠場したため、旭は一人で群馬までやってきました。
バスの中で旭は一人の少女と知り合います。

河丸摂と名乗ったその少女は、揺れるバスの中で大きな荷物を抱えても銃身がぶれていません。漂う強敵臭。

見知らぬ土地と会場。
圧倒的なアウェー感の中で戦う旭。

しかも、同行しているのは真春の弟・夏之。
なんとなーく微妙な空気の旭と夏之。
二人の恋路はどうなるのでしょうか。

この巻のお話

ついに始まった関東大会。

前回、旭と死闘を演じた國陵。
その部長の寒河江さんから、真春を気遣う言葉と、インターハイでの健闘を祈ることを伝えられます。

見知らぬ土地で、知っている顔に会うっていうのはなぜあんなにほっとするんでしょうね(笑)。

寧々とも少しは(?)分かりあえたようです。

しかし、旭がいざアップしようとしても、
國陵は國陵で固まって混ぜてもらえない。
夏之は夏之で乃木さんにさらわれてしまった。

心細くなって、ちょっと半泣きになったところに、
摂が声をかけてきました。

「もしお一人なのでしたら、私の直前練習の相手になってはいただけませんでしょうか?」

喜び勇んで摂と組む旭。
しかし、その時、摂が小さな布袋を大事そうに持っているのを見つけます。
ーーあの袋は何だろうか?ーー

そうこうしている内に、関東大会本戦が始まります。

一次リーグは三人によるリーグ戦。
二回勝った一人だけが決勝トーナメントに進めるというシステム。

ついに旭の初戦。
コートに向かう旭は、真っ青な顔をして引き上げてくる寧々とすれ違います。
寧々の呆然とした表情に戸惑う旭。
しかし、すぐにその理由が分かります。

旭の目に入ってきたのは、スコア表。
それも寧々が摂に二本負けしたというスコア表だったのでした……。

感想

関東大会本戦が描かれます。

また連盟の都川みのりや村上沙也も再登場しました。
しかも、沙也はアイドル好きという新属性をひっさげての登場です。
新キャラクターの河丸摂が本格的に活躍しだします。
珍しい「脇構え」のスタイルで戦う摂。
かなりの強豪だけど、実は喘息持ちという彼女。
本誌ではもう退場してしまった彼女ですが、
この先、再登場はあるのでしょうか。

中盤、旭の脇構えを見て、「絶対に倒します」とい言い放った摂。
その心情はいかなるものだったのでしょうか。

摂は喘息というハンデを背負いながらも、
関東大会に出るような選手になりました。

おそらく、その課程では、血の出るような努力をしたのでしょう。
脇構えというスタイルも、長く試合が出来ないから、相手を瞬殺する必要性から身につけたものだったのでしょう。

それを旭に真似されてしまって(戦略上、必要だったとはいえ)、心が穏やかじゃいられなかったのではないでしょうか?

しかも、自分と違って旭はぜぇぜぇ息を切らしながらも、フルタイムで戦うことが出来る。
(旭の二戦目を見ながら「いいなぁ」って言ってますよね)

自分とは正反対の旭に、自分の得意分野を真似されて、内心怒ってたのかなーなんて推察しています。

しかし小林先生。
生徒の引率に来て、ホテルでAVなんて、アンタ本当に教師かよ(笑)。
まぁ教師なんてのも、ストレスの多い職業だろうけれども……。

あさひなぐはマンガワンで22巻まで、全巻無料で読めます。6/11(日)まで

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted with アプリーチ

↓関連記事

あさひなぐ23巻 ネタバレ感想 旭とやす子の違いは何か 乃木さん報われてよかったね! 
映画版「あさひなぐ」の特報映像が公開されましたね。 9月の公開まで3か月足らず。 楽しみですなー。 前巻までのお話 ...

336*280レクタングル大
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする