るろうに剣心 星霜編 あらすじ ネタバレ感想 るろ剣シリーズのIF世界? 

スポンサーリンク

最近はやたら『るろうに剣心』の映画やらOVAやらを見まくってます。
ネットでたまたま追憶編の感想を書いたブログを見たのがきっかけなんですよね。

追憶編に始まり、映画1作目、2作目と来て次に来たのは『星霜編』です(映画版3作目はまだ未見です)。

星霜編では、原作終了から15年後の剣心たちが描かれています。
しかし、その内容が暗い!
追憶編も大概暗かったですが、星霜編も大概に暗い! 救いがない!
追憶編がダークネスな展開だったのは我慢が出来ました。
原作を読んでいて、追憶編の大体のあらすじは知っていたからです。しかも、アニメ版の方も見ていたので、暗い追憶編の後に、あの明るいアニメ版が続くのだなーと思ったら、まだ救いようがあるような気がするのです。

しかし、ポップなアニメ版の後日談が、『あの』星霜編だと考えたら、どうかなーと首を傾げざるをえません。

ではこの星霜、どのようなお話なのでしょうか。

物語の前半部は、何故か回想に入ります。
るろ剣を知らない人のための解説なのでしょうか。
鵜堂刃衛、瀬田宗次郎、志々雄真実などのバトルシーンのモノローグに入ります。
それが終わってから、アニメ版ではなかった、雪代縁との戦い(アニメ版は、人誅編にはいる前に終わっています)。
それから剣心と薫が祝言を上げたことが語られます。よかったねー、剣心と薫オメデトー!
しかし、回想シーンに半分以上も尺を使うってどうなの、とは思いましたが。

しかし、真の問題は、そのストーリーにあります。

原作では、薫と結婚した剣心は、薫との間に剣路という子供をもうけます。
そして最終回、剣心は相棒ともいえる逆刃刀を弥彦に託し、薫が剣心に「お疲れ様でした」と言ったところでエンディングです。

それからが描かれのが、この星霜編。
物語の冒頭、剣心は陸軍の要請を受け、大陸に渡ります。しかし、その時、剣心はすでに病に侵されています(多分、梅毒?)。
度重なる戦いの末、身も心もボロボロになってしまいます。そこを発見した佐之助は、剣心のあまりの変貌ぶりに言葉を失います。
その後、佐野助の助けもあり、何とか日本に帰ってきた剣心。
そして、ラストの桜並木のシーン。薫の腕の中で息絶えます。

ここまで書いてきて一言。

なんちゅー暗い話やねん!

以前に単行本の作者コメントで読んだのですが、和月伸宏さんは、基本的にハッピーエンドを目指して描いておられるそうです。
全体的に暗い雰囲気が残る「るろ剣」ですが、最終的には登場人物が幸せになるように話を進めていたとか。
主人公は幕末を生きた元・人斬りだし、敵キャラは復讐が目的の輩が多いし(縁を筆頭に志々雄、蒼紫等々)、話が暗くなるのも致し方なしですよね。そんな展開なのに、明るくするようにしていた和月さんは偉いと思います(連載していたのが少年誌だというのも影響していると思いますが)。

しかし、この星霜編は上記の「ハッピーエンド志向」に反するのではないかと、筆者は思う訳であります。

でも、星霜編のダークな終わり方も、時間が経ってから見たら別の感想を持つかもしれません。
「以前はそんなに好きではなかったけど、再度見たらよかった!」と言える日が来ることを信じています。

るろうに剣心 追憶編 感想 評価

『るろうに剣心』映画第1作 評価 感想 追憶編の映画化はあるのか

映画 るろうに剣心~京都大火編~ キャストの感想

336*280レクタングル大
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする