ハイキュー!! 第23巻 ネタバレ感想 音駒VS戸美学園戦 決着

スポンサーリンク

この巻のお話

ついに佳境を迎えた、東京都代表決定戦・音駒VS戸美学園の試合。リベロの夜久が負傷するというアクシデントに見舞われた音駒。
戸美学園にとっては、相手のキーマンが退場するという降ってわいたチャンス。このときばかりと攻めにかかる。
4番の猛虎への集中攻撃で、音駒を崩しにかかる戸美だったが……。

 感想

この巻では、音駒VS戸美が三分の二くらいを占めています。
ライバルを当面のライバルを描くことで、読者の感情移入を誘おうという作者の意図でしょうかね。
最近のスポーツ漫画は、自チームだけじゃなく、ライバルチームも掘り下げることで、作品の奥行きを深くする手法が多いですね。なぎなたを題材にした『あさひなぐ』も、ライバルチームの掘り下げが、これでもかっていうくらいにされていましたから。
昔のマンガとかは、こういう掘り下げってあまりなかったように思います。有名どころで言えば、スラムダンクとかでもあまりしていなかったような印象です。綾南の魚住とか豊玉の岸本・南の過去の話はありましたが、ハイキュー!ほどはされていない印象。時代が変わったんですかね。

23巻で印象に残ったのは、戸美の戦術ですね。
審判への心証操作。アウトのボールを自主的に申告することで、審判の印象をよくして判定を有利に運ぼうという。あと、きわどいプレーを線審から隠そうというプレー。
まぁ気持ちは分からんでもないですが、そういうプレーはプロなり実業団なりにはいってから覚えた方がいいのではないかと思うんですよね。
高校生は高校生らしい戦い方があるのではないかと(高校生らしさってなんやねんって思うので、こういう言い方は好きではないのですが)。
やはり成長途中にあるのだから、バレーの基本的なプレー、例えばレシーブやブロックを徹底的に練習した方が、勝つ確率が上がると思うんですよね。同じように高校バレーを描いたマンガ『少女ファイト』でも、白雲山高校の陣内監督が「高校バレーなんて、ブロックとレシーブを極めさえすれば勝てる」なんて言っていたのを思い出しました。まぁ少女ファイトは女子バレーなので、男子とは勝手が違うのでしょうけれど。少なくとも審判を欺くことに意識を割くよりは勝てるのではないかと思います。そういう意識の差が、音駒との差になってしまったのではないでしょうか。

336*280レクタングル大
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする