ビリーバット BILLY BAT10巻 ネタバレ感想 ヘンリーの両親の、ゲイリーとシシーのお話です

スポンサーリンク

この巻のお話


1924年ロサンゼルス。その中のリトルトーキョーでは、連日、日本人を狙った連続殺人事件が発生していた。手口は後ろから日本刀で一刀のもとに斬り殺すというもの。そして現場には必ず、コウモリの絵が残されていた……。

ニューヨークから赴任してきたゲイリー・デヴィヴィエ刑事は、着任早々、この事件の捜査に加わる。
事件を追っていく中で、ゲイリーはシシーという女性と知り合う。シシーは街の花売り。ゲイリーは暇を見つけては、彼女の店に足しげく通う。
そんな中、ある晩、シシーが襲われる。幸いなことに、彼女に大きなケガはなかった。その時のシシーの証言により、襲った犯人は、体の大きな東洋人だということが分かった。
ゲイリーがシシーを助けたことがきっかけとなり、二人は結婚することになる。幸せ絶頂のゲイリーとシシー。しかし、連続殺人の犯人は、まだ捕まらずじまい……。

感想

10巻では、殺し屋ヘンリーの両親である、ゲイリーとシシーのストーリーが描かれています。
思ったんですけど、イチ悪役であるヘンリーの事をここまで掘り下げる必要があったのかなぁなんて思います。ヘンリーが最初から出ている悪役だったら、それも分かるんですけど、彼が出てきたのは8巻からだし……。

あと、場所を移動しすぎかなーと思いました。この巻では24年のロサンゼルスと64年の日本が主な舞台になっています。読んだ方なら分かると思いますが、頻繁に場所を行ったり来たりします。ロサンゼルスにいたと思ったら、次の瞬間には日本にいます。
漫画は基本、三人称のメディアなので、場所移動をしても、それが読者に分かりやすいようになっています。しかし、今回はちょっと移動しすぎかな、と思いました。これだけ移動されると、ストーリーの把握がやりづらいように思います。

僕気付いたんですけど、雑風先生の師匠って、ゲイリーとシシーを殺すために、この時代にタイムスリップしてきたんですよね?
それで師匠はシシーを襲ってますけど、そこにゲイリーが助けにやってきたのがゲイリーたちの馴れ初めになってるんじゃ。ということは、ゲイリーとシシーをくっつけたのは師匠ってことにならないですか? まぁ師匠がなにもしなくても二人はくっついた可能性が高いですが、それでも師匠が手をだしたおかげで、二人の仲は急速に深まっていったワケでして。

しかも、殺人犯の汚名を着せられる始末……。師匠カワイソス……。

 関連記事

ビリーバット BILLY BAT 第1巻 ネタバレ感想 ケヴィン・ヤマガタが歴史の闇に迫る

ビリーバット BILLY BAT 2巻 ネタバレ感想 年代が飛びに飛びます。

ビリーバット BILLY BAT 3巻 ネタバレ感想 忍者の勘兵衛と百地丹波守の話は一応は終わり

ビリーバット BILLY BAT 4巻 ネタバレ感想 ケネディ暗殺犯のオズワルドが主人公です

ビリーバット BILLY BAT 5巻 ネタバレ感想 トニーとダイアンの闘い。トニーが勇気を振り絞って……

ビリーバット BILLY BAT 6巻 ネタバレ感想 オズワルドは英雄にならなかったからこそ英雄になれたんですよね

ビリーバット BILLY BAT 7巻 ネタバレ感想 ヤマガタとグッドマン、二人のケヴィンが出会います

ビリーバット BILLY BAT 8巻 ネタバレ感想 ケヴィンとジャッキーは、ビリーバットの謎を追って日本へ

ビリーバット BILLY BAT 9巻 ネタバレ感想 アインシュタインと会う雑風 明智監督も登場

ビリーバット BILLY BAT 11巻 ネタバレ感想 ヘンリーと唐麻雑風編は終わり ケヴィン・グッドマンが登場

ビリーバット BILLYBAT 12巻 ネタバレ感想 ケヴィン・グッドマンが主役に 偽チャック・カルキンの正体は

ビリーバット BILLYBAT 13巻 ネタバレ感想 アケチ監督が巻き込まれた歴史の闇 アポロ計画の真相とは……

ビリーバット BILLYBAT 14巻 ネタバレ感想 1巻の裏側がわかります

ビリーバット BILLYBAT 15巻 ネタバレ感想 ジャッキー・モモチが再登場です。

ビリーバット BILLYBAT 16巻 ネタバレ感想 ティミー・サナダの登場です

ビリーバット BILLYBAT 17巻 ネタバレ感想 ティミーにコウモリは見えているのか!?

ビリーバット BILLYBAT 18巻 ネタバレ感想 オードリー・カルキンって実はいい奴なんですよね

ビリーバット BILLYBAT 19巻ネタバレ感想 アケチ監督とマギー・モモチは、一路チベットへ

ビリーバット BILLY BAT 20巻 ネタバレ感想 人は何か指名を帯びて生まれてくるんですよね

336*280レクタングル大
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする