ビリーバット BILLY BAT8巻 ネタバレ感想 ケヴィンとジャッキーは、ビリーバットの謎を追って日本へ

スポンサーリンク

この巻のお話

前回、すんでのところでケヴィン・グッドマン少年を助けた、ケヴィン・ヤマガタ。今日はそのお礼として、ケヴィン・グッドマンの両親、トニーとダイアン夫妻の自宅に招待されています。
さすがは全米屈指のシェアを誇るゴールデンコーラ社のダラス支社長の自宅です。滅茶苦茶大きい屋敷です。本来ならケヴィン・ヤマガタもこれくらい大きな屋敷に住めていたはずなのですが……。
トニーとダイアンのグッドマン夫妻に、料理をふるまわれるケヴィン・ヤマガタ。その際に、日本旅行をプレゼントされる。しかし、以前に日本で辛い目にあったケヴィン・ヤマガタは乗り気でない。そんな折、ケヴィン・グッドマン少年の部屋に入るケヴィン・ヤマガタ。そこで見たのは、ケネディ大統領暗殺事件と全く同じ構図の絵だった。
「一体何を描いているんだ!?」
と、訊くケヴィン・ヤマガタにケヴィン・グッドマン少年はこう言います。
「ビリーがね、言ってるよ。『お前が日本に行かないなら、この子に行かせろって』」
かくしてケヴィン・ヤマガタは、日本に行くことを決意したのでした。
ダラスから帰ってきたジャッキー・モモチ。ニュースでは、ケネディ暗殺事件の重要証人や、調査関係者が次々と不審な死を遂げていることが報じられています。こんな状況で、もし自分がオズワルドと知り合いで、本当の暗殺犯も知っているとなったら、どんな災難が襲ってくるか……気が気でなりません。自然と大学も休みがちになってしまいます。

大学に行っていないことを、父親のランディ・モモチに問い詰められるジャッキー。思わず「日系人であるということを活かして、日本とアメリカの架け橋になるような仕事がしたい」と口から出まかせを言ってしまう。しかし、ランディに「日本に留学に行くようなお金が我が家にあるか」と一蹴されてしまう。
それからしばらくして、ゴールデンコーラの日本旅行プレゼントが当選したとの知らせが入る。

感想

この8巻から日本編に突入です。
日系アメリカ人のケヴィン・ヤマガタとジャッキー親子が和歌山県の紀伊でビリーバットの謎に迫ります。特にモモチ親子にとっては自分たちのルーツに迫るストーリーですからね。熱くもなろうというものです^^

途中からヘンリー・チャールズ・デヴィヴィエ、通称ヘンリーが登場。
この男、ビリーランドを作るためにやってきたと言いながら、実はフィニーの雇った殺し屋。ビリーバットの二次創作の作者を殺していくというとんでもない男。まぁこれからのストーリーに深く関わって来るんですけれどもね。
でもこのヘンリーがなぜ、ビリーバットの類似品を嫌うのかって描写されていましたっけ? まぁ仕事でやっているからって言われればそうなんですけれど、どうやらそれ以上の思い入れをヘンリー君は持っている様子。その辺の描写もじっくりやってほしかったなーと思います。

次巻からは、ケヴィン・ヤマガタ一行が光森村に潜入。山下くんと合流して調査を開始します。


関連記事

ビリーバット BILLY BAT 第1巻 ネタバレ感想 ケヴィン・ヤマガタが歴史の闇に迫る

ビリーバット BILLY BAT 2巻 ネタバレ感想 年代が飛びに飛びます。

ビリーバット BILLY BAT 3巻 ネタバレ感想 忍者の勘兵衛と百地丹波守の話は一応は終わり

ビリーバット BILLY BAT 4巻 ネタバレ感想 ケネディ暗殺犯のオズワルドが主人公です

ビリーバット BILLY BAT 5巻 ネタバレ感想 トニーとダイアンの闘い。トニーが勇気を振り絞って……

ビリーバット BILLY BAT 6巻 ネタバレ感想 オズワルドは英雄にならなかったからこそ英雄になれたんですよね

ビリーバット BILLY BAT 7巻 ネタバレ感想 ヤマガタとグッドマン、二人のケヴィンが出会います

ビリーバット BILLY BAT 9巻 ネタバレ感想 アインシュタインと会う雑風 明智監督も登場

ビリーバット BILLY BAT 10巻 ネタバレ感想 ヘンリーの両親の、ゲイリーとシシーのお話です

ビリーバット BILLY BAT 11巻 ネタバレ感想 ヘンリーと唐麻雑風編は終わり ケヴィン・グッドマンが登場

ビリーバット BILLYBAT 12巻 ネタバレ感想 ケヴィン・グッドマンが主役に 偽チャック・カルキンの正体は

ビリーバット BILLYBAT 13巻 ネタバレ感想 アケチ監督が巻き込まれた歴史の闇 アポロ計画の真相とは……

ビリーバット BILLYBAT 14巻 ネタバレ感想 1巻の裏側がわかります

ビリーバット BILLYBAT 15巻 ネタバレ感想 ジャッキー・モモチが再登場です。

ビリーバット BILLYBAT 16巻 ネタバレ感想 ティミー・サナダの登場です

ビリーバット BILLYBAT 17巻 ネタバレ感想 ティミーにコウモリは見えているのか!?

ビリーバット BILLYBAT 18巻 ネタバレ感想 オードリー・カルキンって実はいい奴なんですよね

ビリーバット BILLYBAT 19巻ネタバレ感想 アケチ監督とマギー・モモチは、一路チベットへ

ビリーバット BILLY BAT 20巻 ネタバレ感想 人は何か指名を帯びて生まれてくるんですよね

336*280レクタングル大
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする