傷物語 西尾維新:著 ネタバレ感想 キスショットの想いが切なすぎる

スポンサーリンク

一、
どうもこんにちはエクステンション

本日はこちら『傷物語』(講談社BOX 西尾維新:著)の感想を述べたいと思います。

いやぁ二度目ですよ二度目エクステンション
何が二度目って?
僕がこの作品を読んだ回数ですよ。
え? まだ二回目なのかよって?
俺なんか十回は読んでるぜって?
すみませんニワカでガーンネコ
謝りついでにもう一つ言わせてもらえれば、
物語シリーズは恋物語までしか読んでませんorz

いやでも西尾さんの作品は他にもたくさん読んでるんですよ?
伝説シリーズは現時点で最新刊の『悲亡伝』まで読んでるし、
忘却探偵シリーズは、これまた最新の『退職願』まで読んでます。
(これらについては、また感想を書いてみたいと思ってます)

ということでニワカのレッテルだけは勘弁してもらえませぬでしょうか?

その前に、なぜ今、傷物語か?
それは決まってます。

年明け早々に傷物語の映画が公開されるからであります!!(ドヤッ)
それに話題の本を扱っとけば、このブログも検索上位にくるかもしれないし。

ではでは、感想本編にいってみたいと思います。

二、
読み終わって一番最初に思ったことは、本当は作者は羽川をヒロインにしたかったんじゃあないの?
ということでした。
この感想がが当たっているかどうかはわかりませんし、確認のしようもありません。
しかし、読み終わって最初に感じたことがこれでした。

だって西尾氏、羽川持ち上げすぎでしょ楽しい

成績は学年トップ。しかも全科目ほぼ満点。間違えたのが穴埋め問題一問だけ。
頭脳明晰。ヴァンパイアハンターのエピソードに苦戦する暦に、的確なアドバイスを送る。
しかもそのせいで自分が傷ついてもいいという博愛精神。
おまけに気配り上手。

……作者、持ち上げますねぇエリザベス
持ち上げすぎて、富士山の頂上まで行ってしまいそうですムスっ
これは個人的な好みなんですけど、
僕はあんまり、こういう博愛精神全開&万能キャラって好きじゃあないんですよね。
だってつまんないじゃあないですかマジで

なにか問題が起きても、
モブキャラが右往左往してるのを横目に軽く事件解決。
スポーツ万能、成績優秀、そして周囲の人間全員から好かれている。
万能キャラってこういう設定、多いじゃあないですか?
漫画やアニメでこういうキャラが出てきたら、僕はウェッてなっちゃいます。
(勘違いしてほしくないのですが、僕は羽川というキャラは、嫌いじゃあないんです)

僕は不完全なキャラが不器用にのた打ち回ってる姿が好きなんです。

いや、知ってますよ? 羽川がそんなひと山いくらの博愛キャラじゃあないってことは。
本作では羽川は暦から『怖い』と言われ、メメから『気持ち悪い』と言われます。
こののちに猫物語白で、ひたぎから『あなたは闇に鈍いだけ』と指摘され、
その人間としての危うさを白日の下にさらされます。
そういうところを見たら、
羽川ってタダの万能キャラじゃあないとは思わされるのですが。
(だからこそ僕は羽川が嫌いではないのです)
そこは流石は西尾さんの力量ですね。

この物語シリーズは、万能であるがゆえに不完全である羽川の、再生の物語なのかもしれませんね。
ふと思ったんですが、忘却探偵シリーズの今日子さんも眼鏡の委員長タイプですよね。
西尾さんってこういうタイプが好みなのでしょうか。
そういえば今日子さんも厄介や紺藤さんにもちあげられてたなぁ……。

今現在、僕は物語シリーズは恋物語までしか読んでませんゆう★
これから先、羽川がどんな活躍をするのか、楽しみに読み進めていきたいと思います。

忍野扇って何者? 臥煙伊豆湖の目的とは何か?

ps

そういえば猫物語白で、臥煙伊豆湖に「きみは何も知らないんだねぇ」と言われたとき(p185)、
羽川めっさキレてましたよね。
アニメ版の方を見て思いました。
温厚な羽川を怒らせる臥煙先輩恐るべし……。

336*280レクタングル大
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする