新約 とある魔術の禁書目録 16巻 ネタバレ感想レビュー 上条 上里 御琴 対エレメント

スポンサーリンク

17巻の感想書きました↓

新約 とある魔術の禁書目録 17巻 ネタバレ感想  上条vs百人の少女たち

新約 とある魔術の禁書目録<インデックス>を読んだので、感想を書いてゆきます。

突如、大熱波が襲ってきた学園都市。
それに加えて、町には<エレメント>なる正体不明の怪物たちが現れます。
大熱波プラスエレメントのダブルパンチで、学園都市のインフラはメチャクチャに。
二十三万の市民たちは未曽有の危機にさらされます。
(っていうか、学園都市っていつも危機にさらされてるような……?)

そんな中、この事態を打開するため、上条が立ち上がる……というのが、この巻のあらすじ。

個人的な感想を言えば、結構面白かったです。
街を襲う異常気象。
それに加えて正体不明の怪物が出てくる。

熱波のために水が手に入らない→だから水道局まで行って行きたい→でもエレメントが邪魔→こちらの戦力は大したことない→だから知恵を絞って何とかする。
まるでB級モンスター映画みたいな展開が新鮮でした。
前半のヒロインは吹寄さんですね。
ハンググライダー作ったり、心肺停止した上条を助けたり、大活躍でした。
後半になって退場してしまいましたが、無事なのでしょうか?
ふと気になったのですが、車のバッテリーで心臓マッサージをしても大丈夫なのでしょうか?

AAAを装備した御琴の無双状態(笑)
御琴強すぎますね。もはや、一人で学園都市の治安を守れるような気がせんでもない。
そんな凄く強い御琴でも、上条が絡んでくると骨抜きになっちゃいますね。
上条のことで食蜂操折にからかわれる御琴が可愛いです。
でも上条に忘れられてしまう操折が切ないです……。

中盤は常盤台中学に移動。
両手に花ならぬ、周りは全部花状態の上条。
お嬢様だらけの女子校に男子一人だけ……。う、羨ましすぎる……。

黒子が相変わらずで安心しました(笑)
今回、黒子の実家の事が出てきましたね。ほんの少しですけれど。
ホワイトスプリングスホールディングス!?
結構でかそうな会社ですね。
まぁ常盤台に入れるんですから、それなりにいいとこの御嬢さんだということは分かるのですが、御琴に負 けず劣らずの大金持ちっぽいですね。

最初の方は、一言で言えば『水着回』。
作中は12月だけど、熱波のせいで普段の服を着ていられない。
だからみんな水着を着ている、という展開。
作者からしたら、ちょっと読者サービスしてみましたよ的な巻でしょうか。

後半は、突如現れた上里と上条が共闘する展開に。
ここで、上里が熱波を出していることが分かります。
上条は、上里がエレメントも操っているのではと思っていたのですが違いましたね。
むしろ、上里は熱波を出すことによって、エレメントを抑制していたのですね。

熱波とエレメント。
二つの事象が同一人物によるものではなく、実は相反するものだった、という展開に意表を突かれました。
最後の方は、やはりいつもの上条でしたね。
「こんなくそったれな世界に上条当麻を見せてやる!」
次巻以降はどうなるのでしょうか。
消えてしまった上里を、どうやって救い出すのでしょうか。

17巻の感想書きました↓

新約 とある魔術の禁書目録 17巻 ネタバレ感想  上条vs百人の少女たち

関連記事

新約 とある科学の禁書目録 1巻 ネタバレ感想 一方通行《アクセラレータ》と浜面は日常に戻ったが……

新約 とある魔術の禁書目録 2巻 ネタバレ感想 上条と浜面と一方通行が集合

新約とある魔術の禁書目録 3巻 ネタバレ感想 黒夜海鳥が泣くシーンでやられましたね

新約 とある魔術の禁書目録 4巻ネタバレ感想 乱数 円周 病理 木原一族が集合です

新約 とある魔術の禁書目録 5巻 ネタバレ感想 グレムリンの重鎮トールが登場 フロイライン・クロイトゥーネを追う

新約 とある魔術の禁書目録 16巻 ネタバレ感想レビュー 上条 上里 御琴 対エレメント

新約 とある魔術の禁書目録 17巻 ネタバレ感想  上条vs百人の少女たち  

  
「とあるシリーズ」を含むアニメ・映画などが月2000円で見放題↓
ただ今、無料キャンペーン実施中

336*280レクタングル大
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする