進撃の巨人 1巻 ネタバレ感想 「新世代の少年漫画!」というふれ込みは本当だった

スポンサーリンク

ストーリー

人食い巨人に支配された世界。
人類は巨大な壁を築き、その中で暮らしていた。いつか来るであろう、巨人に侵攻される日におびえながら……。

エレン・イェーガーはウォール・マリアの南端の街・シガンシナ区に住む少年。
父親・グリシャ、母親・カルラ、そして幼馴染のミカサ・アッカーマンとの4人暮らしだ。

エレンはいつか、壁の外に冒険に出たいと思っていた。しかし、誰に言っても「夢物語だ」と馬鹿にされる始末。
唯一、それを分かってくれるのは、友人のアルミン・アルレルトだけだった。

そんな穏やかな日々も突然、終わりを告げる。
突如現れた「超大型巨人」によって壁が破壊される。
そこから入ってきた巨人たちによって、シガンシナ区は壊滅させられるのだった……。

感想

今日は進撃の巨人第1巻の感想を書いてみたいと思います。

漫画を読む人だったら、誰でも知ってて当たり前といった本作。
アニメ、ノベライズ、スピンオフ、映画化、どれだけメディアミックスされてるかは、僕が言う間でもないと思います。
本当に近年まれに見る大ヒット作ですね。
もう今更って言われるかもしれませんが、レビューしたくなったので、感想を書いていきたいと思います。

とは言っても、僕が進撃の巨人を読んだのは、大分前になるんですけれどもね。
あれは4巻が出る直前だったと思います。
(ウィキペディアで調べてみたら、2011年の4月でした。なんと5年前かよ!)

ある日、行きつけの漫画専門店に久しぶりにいってみたら、平台でえらいプッシュしている漫画があって、それが進撃の巨人でした。

手書きのポップにデカデカと「これこそが新時代の少年漫画だ!」なんて仰々しい宣伝文句が書いてありました。

「えらい大袈裟な宣伝文句やなー」と思いましたね。
「まぁこんだけ推しとんねんやし、ちょっとだけ見てみるかー」と軽い気持ちで試し読みの小冊子を手に取る僕。

数分後、1巻から3巻までを手にレジに並んでましたね(その時は3巻までしか出ていませんでした)。

ちなみに最初、2巻の表紙のミカサを男だと思っていました^^;

進撃の巨人の連載が始まってから、はや7年。
作中内の謎や、その内容に関しては、色んなサイトやブログや、果ては2ちゃんねるでも散々議論されてきています。
なので、その内容については、今更一個人である僕がいちゃもんをつけてもしょうがないと思います。
だから、その当時、僕がどんな事を感じて、どんな事を考えたのかを、率直に述べていきたいと思います。

途中、つたない感想や、考察もあるかと思いますが、その当時はこういう風に考えていたのだなーと、生ぬるい目で見てもらえたらなーと思います。

まずは最初、第1話の冒頭。

子供のころのエレンとミカサが草原(?)で話しているシーン。

なぜか泣いているエレン。知らないうちに伸びているミカサの髪。そして謎の「845」という年号。

これらのために、進撃の巨人はループモノじゃあないのかって言われていましたね。

ループしているとしたら、ミカサかな?

僕はループモノ(ひぐらし、シュタインズゲート等)が結構好きなので、ちょっと期待しています。

でも、髪の毛とか年号とか、みなさん結構細かいところまで読み込んでいますねぇ……。

そういえば、最初の方に、エルヴィン団長とキースが映っていますね。

キース髪の毛ふっさふさやし(笑)。

鎧の巨人、強いですねー。

こいつの正体はライナーなワケなんですが、エレンと同い年だとすると、ライナーはこのとき10歳だったわけですよね。

わずか10歳で人類を殲滅しようするのって、どんな心境なんでしょうか。

ちょっと想像がつきません。だから、途中でライナーはおかしくなっちゃったんでしょうか。

でもネット上では「鎧の巨人の正体はライナー」という推理が結構あってビックリします。

みんな勘よすぎだろ(笑)。

1巻で僕が一番好きなのは、サシャが落下していくサムエルを助けるシーンですね。

超大型巨人が現れて、皆パニックになっているはず。なのに、

サムエルピンチを素早く察知。

アンカーを使って助ける方法を思いつく頭の回転の良さ。

そして、それを実行に移す行動力。

そして、助けたあとの「サムエル! 動いちゃダメですよ!」の一言。

このとき僕は思いましたね。

「このサシャって娘はできる娘や」

それがどうしてあんなネタキャラになってもうたんや・゚・(ノД`;)・゚・

まぁ人気があるキャラみたいなんで、いいですけどね(フンス)

ちなみに僕は、アニメでもこのシーンが大好きです。

小林ゆうさんの声とマッチしていてよかったです。

実は「動いちゃダメですよ」のシーンのスクショとって、pcの壁紙にしていました^^

それでは1巻の感想はこれくらいにしたいと思います。

つぎは2巻のレビューしてみたいと思います。

関連記事

進撃の巨人 2巻 ネタバレ感想 ミカサの謎 ライナー、ベルトルト、アニの暗躍の一端が垣間見える
↓ポチッと押していただくと元気百倍です^^

にほんブログ村


エンターテインメント ブログランキングへ

336*280レクタングル大
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする