進撃の巨人 84話 『白夜』 ネタバレ感想レビュー エレン、ミカサ対リヴァイ さよならエルヴィン ベルトルト

スポンサーリンク

進撃の巨人84話を読んだので、感想を書いていきます。

瀕死のエルヴィンに注射を打つというリヴァイ。
しかし、それを止めようとするエレンとミカサ。
エレンとミカサはアルミンに注射を使う事を進言する。

力尽くで注射を奪おうとするエレン。
しかし、リヴァイに裏拳一発で吹き飛ばされてしまう。

激昂したミカサはリヴァイに跳びかかる。
今までの戦闘のダメージか、リヴァイは思うような力が出ない。
リヴァイは「エルヴィンの力なしには、人類は巨人に勝てない」とミカサに説く。

しかし、エレンは
「アルミンがいなくたって無理だ」
「トロスト区を岩でふさいで守ることができたのも」
「アニの正体を見抜いたのも」
「夜間に進行することを思いついたのもアルミンだ」
と反論する。

そこへエルヴィンを運んできた新兵(フロック。ってか名前あったのか!)が口をはさむ。
フロックは壁の向こうの兵士たちは全滅したことを告げる。
彼はエルヴィンが、獣の巨人を倒すため、兵士全員の命を囮に使ったことを言う。
それで自分以外の兵士は皆、死んだことを告げる。

「まだ息のあるエルヴィン団長を見つけたときは、とどめを刺そうとした」
「でも、それじゃ生ぬるいと思った。この人にはまだ地獄が必要なんじゃないかって」
「そして分かったんだ。巨人を滅ぼすことができるのは、悪魔だ!!」
「悪魔を再び蘇らせる。それが俺の使命だったんだ!!」

そしれキレた(?)フロックはミカサに襲いかかろうとする。
反撃しようとするミカサ。
しかし、それを合流してきたハンジが止める。
(ハンジ以外にも、ジャン、コニー、サシャもいる)

エルヴィンに注射を打とうとするリヴァイ。
半狂乱になってそれを止めようとするミカサ。
しかし、ハンジに羽交い絞めされているために、それは叶わない。

エレンは、かつてアルミンが海のことを話してくれたことを語る。
「兵長、海って知ってますか?」
「いくら見渡しても地平線の果てまで続く、巨大な湖のことです」
「この壁の向こうにある海を、いつか見に行こうって」
「でもそんなガキの頃の夢は、オレはとっくに忘れてて」
「母さんの仇とか、巨人を殺すこととか、何かを憎むことしか頭になくて」
「でもコイツは違うんです。アルミンは戦うだけじゃない、夢を見ている!!」

しかし、そんな訴えもリヴァイには通じない。
エルヴィンに注射を打つことを宣告する。
フロックに連行されるエレン。

しかし、リヴァイの頭の中は、いまだに迷っている様子。
リヴァイは前に聞いた、エレンとアルミンのやり取りを思い出す。
『地平線まですべて塩水』
『そこにしか住めない魚もいるんだ!!』
『エレンはまだ疑っているんだろ!?』
『絶対あるんだから! 見てろよ!』

次にリヴァイの頭に浮かんだのは、エルヴィンとのやり取り。
「お前の夢ってのが叶ったら、その後はどうする」
「それは、わからない。叶えてみないことにはな」

リヴァイがエルヴィンに注射をしようとした、まさにその時、意識の無いはずのエルヴィンが、急に手を上げる。
「先生……に……いないって……やって調べたんですか?」
目を覚ますベルトルト。
しかし、その傍らには見知らぬ巨人が。
抵抗することもできず、食い殺されるベルトルト。
「兵長、どうしてですか?」
リヴァイに問うフロック。

「こいつを許してやってくれないか?」
「こいつは悪魔になるしかなかった」
「それを望んだのは俺達だ」
「その上、一度は地獄から解放されたこいつを、再び地獄に呼び戻そうとした」
「だがもう、休ませてやらねぇと」

息を引き取るエルヴィン。
その向こうで、アルミンは復活した。
感想

結局、生き延びたのはアルミンでしたね。
僕は半々でアルミンかなーと思っていました。
普通の漫画だったら、主人公の友達ってことで、生き残り確定かもしれませんけど、進撃の巨人って、バンバン人が死んでくから……。

結局、今回のお話のテーマは『世代交代』ってことでしょうか。
旧世代のエルヴィンから、若い世代のアルミンへバトンタッチされたってことでいいんですかね。
まぁ旧世代っていってもエルヴィンはまだまだ若いですけど。
やはり、調査兵団団長として、地獄のような道を歩んできた彼を解放してあげようっていうことでしょう。
でも、新しく地獄の道を歩いて行くのは、アルミンってことですか。

今回で、ついにベルトルトが死亡。
超大型巨人って、ある意味、進撃の巨人の象徴ともいえるキャラですよね。
進撃の巨人を知らなくても、超大型巨人を見たことのある人は多いはず。
その象徴ともいえるキャラが死亡したって、なんとも感慨深いですね。

何はともあれ、エルヴィンとベルトルト、お疲れ様でした。

関連記事

進撃の巨人 20巻 ネタバレ感想レビュー エレン、ミカサ対ライナー、ベルトルトとの戦いに決着  ←New!

進撃の巨人 83話『大鉈』 ネタバレ感想 生き残るのはアルミンかエルヴィンか

進撃の巨人 1巻 ネタバレ感想 「新世代の少年漫画!」というふれ込みは本当だった

進撃の巨人 2巻 ネタバレ感想 ミカサの謎 ライナー、ベルトルト、アニの暗躍の一端が垣間見える

進撃の巨人 第3巻 ネタバレ感想 イアン班長の言葉が刺さります

336*280レクタングル大
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする