ガンゲイル・オンライン 5話「ラストバトルは私に」 ネタバレ感想 サブタイトルは越路吹雪の名曲「ラストダンスは私に」のオマージュです……多分

スポンサーリンク

どーもこんにちは。寺野です。

GGOの5話を観たので、感想を書いていきます。

いよいよ第1回目のスクワッド・ジャムも大詰め。最後は女性のみで構成されたチーム、SHINCとの対戦を残すのみです。

ここまでたった一人の戦死者も出さずに勝ち残ってきたSHINC。レンはどうやって強敵に立ち向かうのでしょうか。

しかし、なぜに冒頭に故郷(ふるさと)?が流れたの? 不思議に思って原作を確認したら、確かにSHNICのメンバーが歌ってました;^^

関係ないですが、サブタイトルの「ラストバトルは私に」は、越路吹雪の名曲「ラストダンスは私に」のオマージュだと思います(ソースなし)。

GGO5話より SHINCの面々

エムに撃たれそうになる

前回、エムに殺されそうになったレン。かろうじてエムの攻撃をよけ、反撃します。P90の銃口をエムに突きつけて問うレン。

「どうして殺そうとしたの?」

当然の問いかけに、エムは滝のように涙を流しながら、訴えます。

GGO5話より ピトフーイには裏の顔がありそう……。

「もしSJ内で死んだら、現実世界で本当に殺されてしまう」と。今までの冷静なエムとは180°違う様子にドン引き気味のレンに、エムは切々と訴えかけます。
「誰もピトフーイの頭のおかしさを知らない」
どうやらピトフーイにはレンの知らない裏の顔がありそうです。

エムの話に一応は納得した(?)レン。彼女はエムに別れを告げ、たった一人で最後の戦いに向かいます。

アマゾネス軍団=SHINCとのラストバトル

最後に残ったのは、女性だけで構成されたチーム、SHINC。ちなみにSHINCっていうのは新体操クラブの略なんだよ。チーム名の由来は、SHINCのリアルは女子高生で、新体操部に入っているからなんだよ。

アマゾネス軍団=SHINCのメンバー構成

エヴァ=通称ボス。三つ編みをしている。

トーマ=黒髪ロングの女。最後にエムに狙撃されて倒される。ちなみに最初にレンを狙撃したのもこの人。

ソフィー=一番背が低い。ドワーフのような印象。レンとサシで戦っているボスにマガジンを投げて渡した。

ローザ=マシンガナー。一番体が大きい。腰につけたグレネードをエムに狙撃され、爆死。

アンナ=金髪のサングラスに緑のバンダナをつけている。

ターニャ=銀色の髪。最初にレンに殺された人。

GGO5話より アマゾネス軍団のリーダー。ボスことエヴァ。

アマゾネス軍団を次々と屠っていくレン。

ボスことエヴァとの一騎打ちにのぞみます。

今までなんとか善戦してきたレンですが、絶体絶命のピンチをむかえます。

目の前に銃を突きつけられ、あとは引き金を引かれるだけ。

しかし、その危機をピーちゃんことP90が救います。ピーちゃんが自分の身を挺して、レンを助けてくれたのです。っていうか、レンがピーちゃんを楯にしたんですけどね。
あのシーン、レンがボスにブチ切れてましたけど、自分で楯にしといてボスを恨むっていうのは筋ちがいっていうもんだと思うのですが、どうでしょうか。

第1回スクワッドジャム優勝! しかし……。

かろうじてボスを倒したレン。

第1回スクワッド・ジャム、栄えある優勝チームはLMに決定しました! そういえば、原作ではレンとボスのバトルは岩山のてっぺんだったのに、アニメでは谷底に変わってましたね。

原作はラノベってなので、当然、文字しかありません(イラストも多少はありますが)。なので絵とサウンドのあるアニメになって、かなりアクションが魅力的になっているなーと思いました。

あー早く第2階スクワッド・ジャムが見たいなー。

次回は5.5話として、1~5話のバトルをピトさんとエムが振り返るのだそうな。完全オリジナルエピソードなので、原作を読んでいる人でも楽しめる内容になっているそうです。

これは今から待ち遠しいですな^^

336*280レクタングル大
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする