ベルセルク 第5話 『断罪の塔』 ネタバレ感想  ルカ姉は沢城みゆきさん! 

スポンサーリンク

ベルセルク第5話を見たので、感想を書いてゆこうと思います。

イシドロに騙される野盗どもに笑いました。
あっさり子供に騙されてんじゃねーよ(笑)。頭の中、筋肉でできてんのかよ。
イシドロじゃないけど「ガキに説教されてるようじゃ、終わりだぜ」って言いたくなりますよね。
しかし、イシドロって結構逞しいですよね。こういうタフさ、見習いたいですね。
クシャーンに襲われているところをガッツに助けてもらうなど、運も持っているし。イシドロって、将来結構大物になるのかも。

ガッツ対クシャーンの戦い、格好良かった!
やっぱりベルセルクはアクションシーンがないとね!

次は、血の教典のモズグス様の登場。
拷問部屋の絶望感が少なくて残念。
原作では、難民の女の人が赤ちゃん助けてもらう→喜ぶ→拷問部屋に連れて行かれて絶望のコンボが半端なかったです。
確か拷問部屋が見開き一ページ丸々使われてて、希望ゼロパーセントな雰囲気でした。
拷問シーンは、ファルネーゼじゃなくても目を逸らしたくなりましたね。
赤ちゃんを診てもらって、ああ良かったとなっているところに、「神の信徒としての務めを果たしなさーい(byモズグス)」と来る訳ですから、その落差が凄かったです。

でもアニメではあっさりすんでいて拍子抜けしましたね。
そういえば今回助かった赤ちゃんですが、原作では結局……(´;ω;`)ウッ…

ルカ姉が出てきましたね。
僕、この人結構好きなんですよね。
タフで強かな女の人って感じで。
結構重要な役回りだと思うんですけど、ガッツには余り認識されていないという^^
自分でも「メインキャラじゃないしなー」なんてメタ発言をしていますし。

ちなみにルカ姉役は、沢城みゆきさんですか。ほんとに豪華キャストですねぇ……。

このアルビオン編では、人間の嫌なところが克明に描写されていますね。
上の者には媚びへつらい、下の者は蔑む。
洋の東西を問わず、これが人間の本質なのかもしれませんね。
でも僕は、ベルセルクが好きなのは、こういう容赦のない描写があるからなんですね。
なんというか、人間の本質をえぐり出すというか、なんというか(上手く言葉で言い表せませんが)。

次はガッツとイシドロのシーン。
ガッツっていちいちセリフが中二臭いですね(笑)
いや、褒めているんですけれどね。
「ガキのオモチャじゃねぇ」
「思わぬ試し切りになっちまったぜ」
「こちとら急いでんだよ。火を飲み込む思いでな」
三浦先生が一生懸命考えてるんだなーと思ったら、ちょっと微笑ましいですね。

関連記事

ベルセルク 第6話 火あぶりの夜宴 ネタバレ感想 ルカ姉のニーナへのお仕置き→お尻ペンペン

New! 

336*280レクタングル大
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする